cmglogo_82

ミャンマーでの市場調査

現在の人口は約5,300万人、国土はASEANでインドネシアに次いで2番目の広さです。
ミャンマーは過去の軍事政権時代の影響で、近隣諸国と鎖国状態にあり、国としての経済発展がASEANの中でも遅れをとっていました。

しかし、2011年の政権交代から民主化が進み、欧米諸国からの経済制裁が解除された事により、外国からの投資が活発になり、国家として成長の軌道に乗り始めています。

「アジア最後のフロンティア」と言われるように、平均年齢も27歳と若く、今後の伸び代が期待されるミャンマーでは、これからの生活者の環境も大きく変化していくことが予想されます。

shakehands

最良のパートナー

我々はお客様の最良のパートナーという立場で、現地での調査立会いやアテンドを現地グループ子会社と一緒におこないます。

現地グループパートナーはヤンゴンにオフィスを構え、グループインタビューや会場調査の施設を保有しています。

myanmar_001myanmar_002

モバイル・リサーチ
ネットリサーチ
グループインタビュー
(FGD)
街角調査
ホームビジット
デプスインタビュー
(IDI)

ミャンマーでの実績一覧

performance_01
ミャンマーでの実績例1
内容 バイクのU&A調査
手法 ストリートインターセプト
地域 ヤンゴン
サンプルサイズ 300
街中でバイクユーザーに声を掛け、現在のブランドや、今後バイクに求めるニーズを把握します。
performance_02
ミャンマーでの実績例2
内容 飲料の味覚調査
手法 会場調査
地域 ヤンゴン、マンダレー
サンプルサイズ 120
現地競合商品ユーザーを会場に集め、味や香りの違いを評価してもらいます。
performance_03
ミャンマーでの実績例3
内容 若者のオシャレ意識調査
手法 グループインタビュー
地域 ヤンゴン
サンプルサイズ 30
インタビュールームに若者を呼び、オシャレに関する意識や、実現したい髪型やその理由などを、深堀りしてインタビューします。
performance_04
ミャンマーでの実績例4
内容 食品の実態調査
手法 ホームビジット
地域 ヤンゴン、マンダレー
サンプルサイズ 12
食品の喫食実態を知るため、ユーザーの家庭に訪問し、日々の食事に関する意識や実態を生活環境を見ながらインタビューします。

cog_white

お客様に合わせたご提案

マーケティングリサーチを実施する上で、もっとも重要なプロセスは「何が課題で、何をあきらかにするのか」をお客様と事前にしっかりと話し合うということだと思っています。

お客様とのコミュニケーションを密にし、お客様の課題に沿ったリサーチ活動をカスタマイズしていきます。

また、リサーチ後の報告やディスカッションについては日本語、英語、タイ語でも対応できますのでご安心ください。

消費者を理解するためのリサーチのみならず、売り場や競合商品を理解するために市内や郊外のショッピングセンターやスーパーマーケットなどの市場視察も喜んで対応させていただいております。

課題整理
調査の背景・目的からヒアリングし、今回の調査目的を達成する手法を整理します。

調査企画・設計
調査票の設計をサポート及び、設計されている調査票が目的を果たせるか確認します。

調査実施
高いクオリティを目指し、各工程において品質を追求した実査を行います。

集計・分析
的確な集計分析をプラン・実行します。

レポート
調査結果を詳細に分析し、課題解決策をご提案します。

ディスカッション
レポート後、ディスカッションをすることで、解決のためのアクションを推進します。

お問い合わせ

会社名 (必須)

部署名

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)